i-Pallet's利用規約

第1条(適用範囲)

この利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、株式会社アイエンター(以下「当社」といいます。)がオンライン上で提供するプログラミング教室i-pallet´s及びこれに付随するサービス(以下「本サービス」といいます。)の利用に際して適用されるものです。利用者が本サービスの利用を開始したときは、本利用規約の内容について有効に承諾したものとみなします。

第2条(規約の変更)

1 当社は、以下のいずれかに該当するときは、利用者の承諾を得ることなく、本利用規約の内容を変更することができるものとします。

⑴ 本利用規約の変更が利用者の一般の利益に適合するとき。

⑵ 本利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

2 前項による本利用規約の変更にあたって、当社は、変更後の利用規約の効力発生日の30日前までに、本利用規約を変更する旨、変更後の利用規約の内容、その効力発生時期を当社ウェブサイト上に掲載し、これを周知するものとします。

第3条(申し込み)

1 本サービスの利用を希望する者(以下「利用希望者」といいます。)は、本利用規約を本契約の内容とすることに同意した上で、当社所定の方法により申し込むものとします。

2 利用希望者が未成年者であるときは、利用希望者の法定代理人の同意の下で前項の申込を行うものとします。

3 当社は、以下のいずれかに該当するときは、利用希望者からの第1項の申し込みを承諾しないことができます。

⑴ 申込内容に記入漏れ、誤り又は虚偽の記載のあるとき。

⑵ 利用希望者が料金その他の債務の支払いを怠るおそれのあるとき。

⑶ 利用希望者が本サービスのアカウントを保有しているとき。

⑷ 利用希望者が過去に本利用規約に違反した事実のあるとき。

⑸ 前各号の他、当社が、業務の遂行上著しい支障があると判断するとき。

4 当社が、第1項の申し込みを承諾し、当社所定の手続を完了した時点をもって、当社と利用者との間に本サービスの利用契約(以下「本契約」といいます。)が成立します。

第4条(届出情報の変更)

1 利用者が申込時又はその後に当社に対して届け出た利用者及び法定代理人の氏名、住所及び連絡先その他の情報に変更があった場合は、当社に対して速やかに変更後の情報を通知するものとします

2 前項の通知がなされず、当社からの通知又は送付書類等が延着又は不到達となったときは、通常到達すべきときに利用者又は法定代理人に通知するものとします。

第5条(アカウント)

1 当社は、利用者に対し、本サービスを利用するためのオンライン授業に必要なID等(以下「本件ID等」といいます。)アカウントを付与します。

2 利用者は、前項のアカウント及びパスワード等に関する情報(以下「アカウント情報」という。)本件ID等を、責任をもって管理するものとします。

3 利用者は、本件ID等アカウント情報について、第三者に使用させ若しくは第三者と共有し、又は譲渡若しくは貸与等の処分をしてはならないものとします。

4 利用者に付与されたアカウント情報をもって本サービスが利用されたときは、当該利用者自身による利用とみなすものとします。

5 第三者による本件ID等アカウント情報の不正使用によって利用者が被った損害については、利用者の責めに帰すべき事由の有無を問わず、当社は一切責任を負わないものとします。

65 利用者は、本件ID等自身のアカウント情報が第三者によって不正使用されていることが判明したときは、直ちに、当社に対して通知するものとします。

第6条(本サービスの利用)

1 利用者は、自身のアカウント情報に基づいて本契約の有効期間中、本サービスを利用することができます。

2 利用者がオンライン上で受講することのできるプログラミング教室の授業時間及び日時並びにそれらの振替手続等については、当社が別途定めるところによります。

3 本サービスを利用するためのパソコン端末、タブレット端末等及び通信機器等の設備については、利用者が、自らの費用と責任において準備するものとします。

4 利用者は、その希望により、当社から、本サービスの利用が可能なタブレット端末を購入することができるものとし、この場合の購入代金は当社が別途定めるものとします。

第7条(利用料金)

1 利用者は、本サービスを利用するにあたり、当社が別途定めるところに従い、入会金、月額利用料金及びその他諸費用(以下「利用料金等」といいます。)を支払うものとします。

2 利用料金等の支払方法は、銀行振込又はクレジットカード払いのいずれかとします。なお、銀行振り込の場合の振込手数料は利用者の負担とします。

3 利用料金等の支払期日は、当社が別途定める期日とします。

4 利用者は、前項の支払期日を徒過したときは、支払期日の翌日から支払済みまで年14.6%の割合による遅延損害金を付して支払うものとします。

5 利用者が当社に支払った利用料金等について、当社は、理由の如何を問わず、利用者に対する返金義務を負わないものとする。

第8条(利用者の責任)

1 利用者は、自己の費用と責任において、本サービスの利用に要するパソコン端末、タブレット端末等及び通信機器等の設備を常に最適の状態に保つとともに、コンピュータウィルス感染防止等の適切なセキュリティ対策を講じるものとします。

2 利用者は、本サービスを利用して行った自己の行為及び結果について自ら責任を負うものとします。

3 利用者は、本サービスを利用して第三者に損害を与えたときは、自己の費用と責任においてこれを解決するものとし、当社に損害を与えないものとします。

第9条(権利関係)

1 本サービスにおいて、当社が利用者に提供するコンテンツ、ソフトウェア、マニュアル及びその他の一切情報(以下「コンテンツ等」という。)に関する著作権、商標権及びその他一切の権利は、当社又は当社に対してコンテンツ等を提供した第三者に帰属するものとします。

2 利用者は、本サービスを利用する限りにおいてコンテンツ等を使用することができるものとし、コンテンツ等を複製又はWebサイトに掲載し若しくは公衆送信を行うこと等により、第三者による複製を行わせてはならないものとします。

3 本条の規定に違反して紛争が生じたときは、利用者は、自己の費用と責任において当該紛争を解決し、当社に損害を与えないものとします。

第10条(禁止行為)

利用者は、自ら又は第三者をして、以下の各号に該当する行為をしてはならないものとする。

⑴ 本サービスの利用に際して虚偽の内容を申請する行為

⑵ 本サービスの運営を妨げる行為若しくは運営に支障をきたす行為又はこれらのおそれのある行為

⑶ 本サービスを通じてコンピュータウィルスその他の有害なコンピュータプログラムを送信し、又は他人が受信可能な状態のまま放置する行為

⑷ 当社又は第三者(講師及び他の受講生を含みます。以下同様。)に対する名誉若しくは信用を棄損する行為又はこれらのおそれのある行為

⑸ 当社又は第三者に対して不利益若しくは損害を与える行為又はこれらのおそれのある行為

⑹ 当社又は第三者の知的財産権、プライバシー権若しくは人格権その他一切の権利を侵害する行為又はこれらのおそれのある行為

⑺ 法令若しくは公序良俗に反する行為又はこれらのおそれのある行為

⑻ 自己のアカウント情報と異なるアカウント情報を使用して本サービスを利用する行為

⑼ 複数人で一つのアカウント情報を共同使用する行為

⑽ 前各号の他、当社が不適当と認める行為

第11条(譲渡等の禁止)

利用者は、本契約に基づく権利若しくは義務又は本契約上の地位について、第三者に対する譲渡、賃貸、担保設定又はその他一切の処分を行ってはならないものとします。

第12条(委託、譲渡)

1 当社は、本契約に基づく当社の業務を第三者に委託し、又は、契約上の地位を第三者に譲渡することができるものとします。

2 前項の場合、利用者は、当社が委託先又は譲渡先に対して、利用者に関する個人情報その他の必要な情報を譲渡することを予めこれを承諾するものとします。

第13条(本サービスの変更、廃止、中断等)

1 当社は、本サービスの全部若しくは一部について変更又は廃止することができます。但し、本サービスの全部の変更又は本サービスの全部若しくは一部の廃止の場合には、当社から利用者に対して予めその旨を通知するものとします。

2 当社は、以下のいずれかに該当するときは、利用者に対する事前の通知なしに本サービスを一時的に中断することができるものとします。

⑴ 本サービスの保守上やむを得ないとき。

⑵ インターネット通信事業者による役務提供がなされないとき。

⑶ 第19条の不可抗力により本サービスの提供が困難なとき。

⑷ その他当社が合理的な理由に基づき本サービスの全部又は一部の中断が必要と判断したとき。

3 本条に基づく本サービスの変更、中断又は廃止がなされた場合であっても、当社に故意又は重大な過失のある場合を除き、当社は、利用者に生じた損害を賠償する義務を負わないものとします。

第14条(利用者による解約)

1 利用者は、本契約の解約を希望するときは、当社所定の方法によって本契約の解約を申入れるものとします。

2 前項の解約申入れがあったときは、解約申入れがなされた日の属する月の翌月末日をもって本契約は終了するものとします。

第15条(アカウントの停止、利用停止、解除)

1 当社は、利用者に以下の各号に定めるいずれかの事由が生じたときは、何らの通知を要することなく、当該利用者のアカウントの停止、当該利用者による本サービスの利用の停止又は本契約の解除を行うことができます。

⑴ 利用料金等を含む当社に対する債務について支払期日を徒過しても支払のないとき。

⑵ 利用者が当社に届け出た情報が事実に反することが判明したとき。

⑶ 本利用規約のいずれかの規定に反したとき。

⑷ 自ら振出した手形、小切手が不渡りになったとき又は一般の支払いを停止したとき。

⑸ 差押、仮差押、仮処分の申立て又は滞納処分を受けたとき。

⑹ 破産、民事再生、特別精算、会社更生その他裁判上の倒産処理手続の申立てを受けたとき又は自らこれらの申立てをしたとき。

⑺ その他利用者の信用状態が著しく悪化したとき。

2 前項に基づき、アカウントの停止又は本サービスの利用停止の措置がなされた場合であっても、利用者は、当社に対する利用料等の支払義務を免れるものではありません。

3 第1項の措置によって利用者に損害が生じた場合であっても、当社は何らの責任を負わないものとします。

第16条(個人情報の取り扱い)

1 当社は、本サービスに関連して取得した利用者及びその法定代理人の個人情報(「個人情報の保護に関する法律」(平成15年法律第57号)に定める「個人情報」を指すものとする。)について、法令及び当社プライバシーポリシー従って適切に管理するものとする。

2 当社は、利用者及びその法定代理人の個人情報を以下の目的のみに使用するものとします。

⑴ 本サービスを提供する目的

⑵ 利用料金等を回収など当社の権利行使を行う目的

⑶ 利用者に対して本サービス及びこれに関連する事項に関する案内又は通知を行う目的

⑷ 商品開発等の目的で本サービスに関する利用動向を調査し、特定個人の識別が不可能な形式に加工した上で、その分析結果を自ら利用し又は第三者に提供する目的

第17条(非保証、免責)

1 当社は、本サービスを通じて提供されるコンテンツ等及びプログラミング教室の授業内容について、正確性、完全性、安全性、信頼性若しくは権利侵害の不存在を保証するものではなく、また、利用者の特定の目的に適合することを保証するものではありません。

2 利用者が、本サービスの利用にあたり第三者に対して損害を与えたときは、自らの費用と責任においてこれを解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第18条(損害賠償責任)

当社が利用者に対して損害賠償責任を負うときは、請求原因の如何にかかわらず、その損害賠償の範囲は利用者に現実に発生した通常の損害に限られ、逸失利益及び特別の事情に基づき生じた損害は対象外とし、かつ、その賠償総額は当該損害の発生原因が生じた時点までに当社が受領した月額利用料金1か月相当額を限度とします。ただし、当社に故意又は重大な過失のある場合はこの限りではありません。

第19条(不可抗力)

地震、火災、洪水、感染症、ストライキ、暴動又は戦争等の不可抗力によって、当社が本サービスを提供できなかった場合であっても、当社は、これらに対する一切の責任を負わないものとする。

第20条(分離可能性)

本契約の一部が無効と判明した場合であっても、本契約の残の部分の有効性は、その影響を受けることなく有効に効力を維持するものとします。

第21条(準拠法)

本契約は日本国法を準拠法とします。

第22条(専属的合意管轄)

本契約に関連する紛争については、訴額の如何にかかわらず、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上

同意し、申し込みに進む